久留米ヶ丘病院の訪問看護についてご案内いたします。

精神科・心療内科・内科 久留米ヶ丘病院

精神科訪問看護

当院に通院されている方を対象に訪問看護を行っています。

訪問看護・指導とは

退院後の患者様やご家族を対象に、医師の指示により当院の精神保健福祉士・看護師が訪問することです。社会生活に必要な相談、援助、指導を行い、再入院をふせぎ、健康的な生活をおくっていただけるよう行われるものです。

こんな時はご相談下さい

身のまわりのことや、食生活がうまく出来ない
夜眠れない、日中眠気がる、など生活リズムが整わない
外来通院ができず、入退院を繰り返してしまう
薬がきちんと飲めない
ご家族の方が患者さんにどのように関わったら良いのかわからない
社会資源の活用の仕方がわからない

次のような援助が受けられます

服薬指導や治療の継続  
日常生活の指導(食事・休養・金銭・清潔・整頓など)
対人関係の相談(家族・友人・職場など)
社会資源の活用援助

訪問看護を受けるには

主治医または病棟・精神保健福祉士にご相談下さい。
訪問看護を開始するには、主治医の指示が必要となります。  
訪問回数
必要に応じて訪問いたします。  1回の訪問時間 30分 ~ 1時間
訪問期間
訪問開始後6ヶ月位を目安として行い、延長も出来ます。
途中での中止は自由です。

訪問に際しては、患者様、ご家族の方と前もって相談して日時を決めます。
また、プライバシーの保護に努めます。
費用は、患者様の負担となりますが、各種保険の適用となります。
公費負担制度(精神保健福祉法32条)の利用により、低額あるいは無料になります。詳しくは、事務所にお尋ね下さい。
医師の相談のうえ、訪問看護・指導申込書を担当の精神保健福祉士に提出して下さい。

精神保健福祉士:増田 秋生 ・ 看護師:伊藤 比奈子