久留米ヶ丘病院は183床の入院設備を有しております。入院手続や入院生活に関するご説明と、面会についてご案内いたします。

精神科・心療内科・内科 久留米ヶ丘病院

医療相談

相談窓口・苦情対応窓口のご案内

ワーカーからの挨拶
病気のことについて、こんな時は相談して下さい

soudan

  • 精神科に受診するのが初めてなので不安・・・
  • 入院したいが医療費が心配・・・
  • 病院の見学をしたい・・・
  • 退院後の生活では福祉サービスを利用したい・・・

など病院や病気のことで誰に相談したらいいかわからないことがあれば医療相談室にご相談ください。

障害年金について

障害年金は病気や怪我によって日常生活や就労の面で困難が多くなった状態(障害)に対して支払われます。障害年金には障害基礎年金(1~2級)と障害、厚生年金(1~3級)があり、加入されていた年金の種類・期間・障害の重さによって支給される金額や受給の要件が異なります。

詳しくは、【社会保険庁】年金受給に関する届出・手続き案内をご確認ください。
https://www.nenkin.go.jp/shinsei/index.html

精神科入院形態

精神科の病院では、精神保健福祉法に基づき、精神疾患を持つ方の人権に配慮した適切な医療と保護を目的に入院医療について多くの規定が定められています。

患者様の状態によって入院形態は異なりますが、いずれも書面による告知が義務付けられています。

当院では以下2つの入院形態があります。

  1. 任意入院・・・・・患者様ご本人の同意による入院です。
  2. 医療保護入院・・・医療及び保護が必要であるが、患者本人の入院の同意が得られない場合に、保護者の同意に基づいて行う入院形態です。

保護者について

保護者は精神疾患のために判断能力が低下している方の権利を擁護すると共に、必要な医療を受けさせ、財産上の保護等を行います。

保護者に成り得る人は、後見人・保佐人、配偶者、親権者、家庭裁判所が選任した者、及び市長村長です。

保護者になり得る人が複数いる場合は、所定のお手続きが必要になる場合があります。